気になったことを書いていきます

背中ニキビの原因は? 治し方、背中ニキビ跡消す方法を紹介します

スポンサードリンク


背中のニキビができる原因はいくつかあります。

①摩擦などによる肌への負担

肌に負担がかかると角質が厚くなり毛穴も詰りやすくなるためニキビの原因をつくります。

 

②汗や蒸れ、体をごしごし洗ったり拭いたりする

体をごしごし洗ったり拭いたりする ことによって肌が乾燥してしまうと、皮膚のバリア機能(弱酸性)のバランスが簡単に崩れてしまいます。

 

③シャンプーなどのすすぎ残し

 

背中は手が届きづらく見えづらいのでちゃんと流しているつもりでも洗い残しやすい部分です。

髪の毛が長い人は背中に髪の毛がつきやすいので髪のすすぎが不十分だと、背中の表面にシャンプーやトリートメントがついたままになってしまいます。

シャンプーは石鹸タイプのものを使った方がニキビはできにくいと思います

ニキビができる原因には肌への負担だけではなく、ホルモンバランスも関係

生活習慣の乱れやストレスによりホルモンバランスが乱れやすいです。

スポンサードリンク

オススメの入浴法

入浴する際に、あら塩やハチミツ、パッケージにニキビに効くと書いてある入浴剤を溶かしてから入れています。

ハチミツは、髪につくとすこしべたべたしてしまうのですが、保湿効果は抜群です。

塩は、あまり荒れていると沁みて、刺激になってしまうので気をつけてください。

 

背中ニキビの対策

まずは肌に負担をかけないことです。

背中に接する下着を普段から清潔にしておくのも予防&改善両方に効くと思われます。

背中を洗うときはしっかり泡をたてて洗ったり、柔らかいタオルで背中を拭くなど注意しましょう。

 

また肌を清潔に保つことも大切です。

お風呂の際はすすぎ残しがないようにしっかり流すことや髪を洗った後に体を洗う、汗をかいたらこまめに拭くなど気をつけましょう。

ニキビは保湿がとても大事になってくると思うので、お風呂上りに軽くタオルで拭いた後は顔などに使っている自分に合った化粧水、もしくは普通の保湿効果のあるクリームなどをできた背中ニキビを中心に塗ることで、乾燥を防ぐことができてニキビ改善につながるのではないかと思われます。

しっかりと睡眠をとったりバランスの良い食事もとても大切です。

忙しいのを理由にカップ麺やコンビニ弁当やジャンクフードやポテチなどを食べてしまうことは一番皮膚に悪く、それを全てやめるだけで新しくニキビが出来るのを抑えられます

はじめは特別なことはせずにまずは日常生活を見直して、今あるニキビを改善しニキビができにくい肌を目指しましょう。

スポンサードリンク