気になったことを書いていきます

ナラタージュの感想あらすじ、ネタバレ!


松本潤さん演じる教師、葉山が元教え子だった、有村架純さん演じる生徒と再び出会い、

葉山が奥さんと別れたと嘘をつき、片思いの有村架純さんに思わせぶりな態度を取るが本心が分からず、

悩みながらも葉山とのキラキラした楽しい時間を共有して、その恋がどんなに美しいものであったか、

自分は葉山から何を受け取ったのか、恋から学ぶものと人愛することに求めるものは何なのか、相手の立場になってどこまで考えて恋愛できるかを振り返り伝える濃密なラブストーリーです。

スポンサードリンク

片思いした人への気持ちを思い出す映画

有村架純さんのピュアな恋心が松本潤さんという大人な男性に恋をすることで、恋愛には色んな形があるけど、この映画は、片思いした人への気持ちをどれだけ大切で深い意味を持っているかを伝える恋をする真の意味が知れて、良かったなと思います。

松本潤さんは相変わらずイケメンです

松本潤さんが伊達メガネにいつもの嵐でのMJキャラは封印しているが、ビジュアルがたまらなく美しくて、風邪をひいた有村架純さんにおかゆを食べさせてあげるシーンなどありテレビでは見れない、貴重なシーンが沢山あって、ドキドキと気持ちが高ぶきっぱなしだったです。

 

松本潤さんと有村架純さんという豪華な美男美女カップルが、年が離れていて抱えている人生観や、恋愛観なども違うが、キスシーンや、2人が楽しそうにシャワールームで水をかけっこしながら楽しそうにはしゃぐシーンにも胸がドキドキです。

 

年が離れているからこそ、違うものもあり、でも同じものもあるということがこの映画には沢山詰まっていて、その違うもの、同じものを恋愛観、人生観として考えた時にどんなことを行動にするのか、どんな恩返しをするのかが描かれている描写がとても素敵で、しかし強くメッセージを発信していて、勉強する、教わることが沢山あって見に行ってよかったなと思います。

スポンサードリンク

身体を重ね合うシーンがあります

最後に松本潤さんと有村架純さんが身体を重ね合うシーンがありますが、迫真の体当たりの演技、有村架純さんは清純派女優だと思いますが、こういうシーンもこなせるようにひと肌抜いたことが、ストーリーと共に突き刺さって、引き込まれます。

ラストは、2人は別れてしまうのですが

有村架純さんに松本潤さんが残して、あげたプレゼントの時計に刻まれた文字が分かった時は号泣、松本潤さんが有村架純さんを最後抱いたのは、恋心からではないけれど、感謝という感情からだったとそれを伝えたかったかのだと、私は感じ取り、感動したのです。ラブラブな恋愛ストーリーではなく、こういった形の恋愛映画は初めてだったけれど、とてもよかったです。
これはナラタージュという映画が素晴らしく、魅力的な映画だったからこそ言えることです。それぐらい、偉大な作品です。

多くの人に見てもらいたいです。

スポンサードリンク

ナラタージュ主題歌はこちら