気になったことを書いていきます

映画ロストインパリ感想



映画「ロスト・イン・パリ」は、2017年の8月5日に劇場公開されたフィオナ・ゴードンとドミニク・アベールのふたりの共同監督によるコメディードラマになっております。

クラウンと呼ばれる道化師として世界中を巡業しながら活躍している、ひと組のカップルが監督・主演・脚本・製作を務める異色の作品になります。

劇中で披露される華麗なダンスパフォーマンスや、滑稽な中にも哀愁漂うパントマイムが見どころになっております。ジャック・タチやルネ・クレールをはじめとする、古き良き時代のフランス映画のワンシーンが思い浮かんできました。

パリで暮らしている叔母を訪ねてきたヒロインの役を、フィオナ・ゴードンが多彩な表情で表現していました。

スポンサードリンク

セーヌ川にかかる橋から落っこちてしまい、所持品と全財産をなくしてしまうシーンが印象深かったです。カナダ人の女性がフランスの首都の中で感じる、微妙な距離感や孤独が伝わってきました。叔母を助けにやって来たはずのヒロインが、多くの人に出逢い助けられて成長していく様子には心あたたまるものがありました。

彼女がはじめに出会ったホームレスの男性を、ドミニク・アベールがユーモアセンスたっぷりとしたタッチで演じていました。拾った物を何でも自分の物にしてしまうがめつい性格も憎めないところがあり、時おり見せる知的な一面や哲学的な言葉に胸を打たれました。

トゥビリ橋や地下鉄のシテ駅など、随所に映し出されていくパリの街並みや観光名所が美しさ溢れていました。

フランス映画界をリードし続けてきたエマニュエル・リヴァが、カメオ出演している場面も忘れがたいです。

300メートル上空のエッフェル塔で披露される、華麗なパフォーマンスが圧巻でした。道化師としてパリやベルギーだけではなく多くの国や地域を訪れてきたふたりだけに、全編を通して観客を楽しませるエンターテインメントが盛りだくさんです。ストリートの大道芸人を見るような気分で見て欲しい映画です。

スポンサードリンク