気になったことを書いていきます

アウトレイジ最終章ネタバレ&感想

アウトレイジビヨンドのラストでは、影から糸を引いていたマル暴を殺害し自分の組を潰した山王会の会長とその手下を葬った大友でしたが、彼は韓国の済州へと渡り日韓のフィクサーであった張グループの元で風俗店街を仕切る役割をしておりました。

ですが、日本からやってきた花菱会の花田とのいざこざで大事にしていた舎弟が殺されたのをきっかけに、次第に事態は悪化していきます。

もはや自分の組内で収まらなくなっていく過程は巨大な組織ならではの泥臭さがあり、全員暴走というキャッチフレーズ通り、花菱組、山王会、張グループの三つ巴の抗争へと発展してしまいます。

いつ銃弾が発射されるのか分からないような緊張感が終始漂っておりますが、シリーズを通しても暴力シーンの過激度は格段に低めなので、よりストーリーに入り込めると思います。

スポンサードリンク

・前半

大友のしきっている風俗店の女性の接客態度が気に入らず、花田が女性をボコボコに殴ってしまうというのが全てのきっかけなのですが、このシーンがとてもシュールです。

花田はごつい見た目の割にはマゾヒストという性癖を抱えているようで、手錠やら首輪やらつけられたまま騒ぎを聞きつけ部屋へとやってきた大友たちに食ってかかります。

勿論、こんなイチャモンを大友が素直に聞き入れて謝罪する訳もなく銃を持って花田を脅します。

野蛮な話し合いの結果、後日花田が金を払うことでその場は収まりましたが、花田の舎弟はあろうことか大友の舎弟を殺してしまうのです。

この時点では大友が花菱にいたことを花田は知りません。そして、張グループに喧嘩を売ってしまったことにより事態は自分では収まらない範囲にまで広がっていくのです。
この花田、とてもふり幅のある演技がとても魅力的でした。

スポンサードリンク

・後半

花田は花菱会の若頭である西野と共に張グループの会長の元へ謝罪をしに行くことになりますが、金で解決しようという浅ましさを読まれ突っ撥ねられてしまいます。
しかし、その間にも新たに花菱会の会長となった野村が花菱会の実権を完全に握るために花田へ罠を仕掛けたことにより、事態は益々悪化していきます。

もはや抗争は待ったなしという所までいきますが、やくざとして長年やってきた西田は騙されたまま終わるような男ではありませんでした。

狼狽える花田を強引に仲間へと引き込み、騙し合いの泥沼合戦が始まるほか、復讐に燃える大友が来日するなどハプニングの連続となり目の離せない展開です。

まとめ

前半の激しいやりとりとは打って変わり、ラストはこれぞ北野ブルーといった落ち着いた雰囲気でした。

全体を通してスカッとするようなシーンが多く、大友の昔気質のスタイルが気持ちいいです。

また、過去作のオマージュなどファンにとっては嬉しいシーンも多数あり、アウトレイジの完結編としては勿論、北野作品総集編とも言える演出の数々に滾ります。

スポンサードリンク