気になったことを書いていきます

ドクターX2017-3話ネタバレ&感想-ロケ地は?

 

3話予告動画【youtube】

スポンサードリンク

ネタバレ&感想

未知子の契約している東帝大病院付属の幼稚園の健康診断から始まるので、こういう仕事もするんだなと、子供が苦手そうな未知子を見て、驚きました。
ところが、やはり園児相手にも容赦なく反抗する未知子なので、トラブルになってスタッフと共に園長室へ謝罪に行きます。

 

謝罪の気持ちとして封筒を園長から頂くも、「10万円以下は貰わない」と未知子が去ろうとした時、園長が倒れ病院へ運びますが、主治医が猪俣先生なので手を出しにくい状況です。

 

半年も化学療法をしているのに状態が変わらないため、他の病院の意見も聞きたいと言う患者の願いに、渋々猪俣先生は許可をします。

 

予告を見た限りでは、セカンドオピニオンと言うので他の病院と未知子が連携し、そこでトラブルが起きるのかなと思っていました。

ところが、東帝大病院の裏の手口なのか、患者はどこの病院からも断られてしまい、蛭間院長の命令で猪俣先生は未知子と手術をすることになります。

園児たちが園長先生の為にと手術費用を自分たちで集めて、未知子に私に来る場面はなんだか、可愛いです。

スポンサードリンク


全然足りないと跳ね除ける未知子だけど、大人の立場からしたらそうするしかないけど、なんだか切ないと思いました。だけど、一人の園児が発した言葉が結構重大なキーワードとなっているので、医療ドラマなのに推理っぽいなと感じました。

 

オチとしては、いつも通りの展開で、未知子にはどの医者も叶わない感じなのですが、肺の病気に甲状腺が関わってきており、しかもなかなか見抜くことが出来ないガンだと言うから、手術関係についてよくわからない私であっても、凄いなと思えました。

 

甲状腺と聞くと、女性がなる病気だと個人的に思っていたので、誰にでもあり得るんだなと、病気に対して危機感をもっと持たないといけないなと思いました。

 

蛭間院長が、いつもは未知子を嫌うのに、本当は慕っているのか騙そうとしているのかよくわからなってきました。

 

最後は、本当は未知子が助けたのに、約束上、病院のおかげとなっている為、園児たちから罵られる未知子だったけど、わかってくれる園児がいて、こういう人がいるからやってけるんだよなと思いまし

ドクターX2017ロケ地情報

 

東帝大学病院の外観は日本工学院専門学校

東帝大学病院のエレベーターは新宿パークタワー

スポンサードリンク