気になったことを書いていきます

[二度目の夏、二度と会えない君]の感想、評価❘主題歌は?

主題歌はたんこぶちんが歌っています。

 

youtube動画

 

[二度目の夏、二度と会えない君]のネタバレ感想&評価

映画「二度目の夏、二度と会えない君」は、2017年の9月1日に劇場公開されて現在でも上映中の中西健二監督による青春ドラマになっております。

クラスメイトに切ない思いを寄せる高校生の篠原智の役を、若手実力派俳優の村上虹郎が熱演しています。

ヒロインの森山燐には、ミュージシャンとしても活躍している吉田佳多がキャスティングされています。

スポンサードリンク

半年前の過去へとタイムスリップしていく

主人公の少年が好きな人に会いたい余りに、半年前の過去へとタイムスリップしていくストーリー展開に引き込まれていきます。

 

自分ひとりが未来を知っている孤独の中で、何事もなく周りの人たちと触れ合う様子が印象深かったです。

 

彼女の夢を叶えるために自らの恋愛感情を押し殺して2度目の夏を奮闘する姿には胸を打たれました。

 

1度目の夏で台無しにしてしまった後悔を引きずりつつ、純真無垢で不器用な生きざまが微笑ましかったです。未来に向かって迷い続けていく智からは、青春の美しさだけでなく残酷さも伝わってきました。

 

文化祭ライブの成功を目指して、転校してきた燐と智がバンドを結成するシーンが見どころになっております。

 

バンド名の「primember」に込められている深いメッセージに気付いた瞬間に、強く心を揺さぶられました。実際に「たんこぶちん」のフロントマンとして10年間音楽に携わっているだけあって、吉田佳多のパフォーマンスが抜きん出ていました。

 

智と燐のふたりの間で揺れ動く、マネージャーの菅野の微妙な距離感には忘れがたいものがありました。

 

クライマックスシーン直前になって、智が菅野に大切なギターを手渡す場面が感動的でした。

 

ステージ上に一緒に上がることはなくても、菅野がメンバーとして大切な一員であることを感じました。

スポンサードリンク

智が人生のやり直し以上に大切なことに気付く瞬間が圧巻です。

 

今を丁寧に生きるからこそ、過去がみずみずしく美しいはずです。

 

音楽に思い入れが強い人や学生時代にバンドを組んでいた方にも見て欲しい作品です。

スポンサードリンク