気になったことを書いていきます

セトウツミ4話-ネタバレ&感想

 

ドラマ「セトウツミ」は人気コミックが原作で、関西の男子高校生が、放課後の河原で喋るだけというとてもシュールで新しいドラマでした。

 

常に冷静沈着で友達も少ないネクラ?でクールなウツミと、ポジティブで社交的なお調子者のセトの絶妙なバランスの正反対の二人が繰り広げる物語が面白かったです。

スポンサードリンク

セトとウツミのテンポ良く進むボケとツッコミが笑えました。

 

本当に放課後の暇つぶしで、だらだらと話すだけですが、静かにゆっくりと物語も展開していって、2人のことが好きな癖の強い女の子、学校のマドンナ的存在の女の子が出てきましたね。

 

ウツミは、何気に女の子たちにモテていて、それに対してサッカーを辞めたセトはモテなくなり、不満を言います。そんな時にセトに想いを寄せる一癖ある女の子、はつみちゃんが登場します。

 

インパクトのある登場の仕方と、ストレートすぎるラブレターに笑えましたね。

 

緊張して話せないのでウツミ越しに話すところとか、はつみちゃんの表情一つ一つが良いキャラしてるなぁって思います。

スポンサードリンク

そして、ウツミに想いを寄せるマドンナと、マドンナが好きなセト。

 

普通なら複雑な関係になったり、関係が変わったりするのでしょうが、セトウツミではそんなことありません。お互いが、真っ正面から話しますからね。

 

男女4人の関係は変わらないとは思いますが、今後の展開気になります。

 

バルーンアートを練習する下手くそなピエロ、ウツミの姉やゴリラ先生など、2人の周りに多彩で個性的なキャラクターたちが入ってきてますます面白くなってきましたね。

 

今回、学校のゴリラ先生役を演じるのは、原作にそっくりな芸人の原西さんです。

 

初めから、セトとウツミのビジュアルがとても原作に近くて驚きましたが、原西さんはまさにこの役ぴったりですね。

 

新たなキャラクターも加わったことで、面白さ倍増でした。

 

今でも十分楽しんでいますが、今後の展開にますます面白くなると思うので、期待させていただいています。

スポンサードリンク