気になったことを書いていきます

僕のワンダフル・ライフ-ネタバレ感想

 

いやあ、泣かされてしまいました。これを観て泣かない愛犬家はいないでしょうね。

 

そして、映画を観終わって家に帰ったら、愛犬を思いっきりハグしてしまう、そんな映画ですね。

 

涙なくして観られない理由は、犬を飼ったことがある人ならどうしても避けては通れない「別れ」が描かれていることです。

 

ご存知のように、犬の寿命は人間よりずっと短くて、大型犬の場合十五歳ぐらいでしょうか。どれだけ愛しても、どれだけお世話をしても、別れはやってきます。

 

ペットロスに苦しむ日々・・・ああ、もう一度会いたい。

 

面白いのは、この作品はそれを犬のほうから描いているのです。

 

あの世へ旅立ったワンちゃんが、ご主人様にもう一度会いたいと考えて、生まれ変わって現世の地上へ戻ってくる。

 

でも、この広い世の中、別れたご主人様とすぐにめぐりあえるわけではありません。

 

さらに心配なのは、生まれ変わったときに犬種が変わってしまっているので、ご主人様に会えたとしても、わかってもらえるかどうか・・。

 

現世でだめなら、来世、来来世と、何度も何度も生まれ変わり、ご主人様との再会を願って駆け回るのです。

 

もうストーリーを書いてるだけで泣けてきますね。

 

こんな切ない話、よく考えたなあと思いませんか。実はこの映画の原作者は、愛犬を亡くして悲しんでいる恋人をなぐさめようとこのお話を書いたのです。

 

ですからペットロス真っ只中の人には、この映画いいと思いますよ。

 

監督は、映画ファンには「ギルバート・グレイプ」の名匠と紹介したいのですが、愛犬家の皆さんには「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」の監督と言ったほうがいいかもしれませんね、ラッセ・ハルストレムです。

 

監督がしっかりしていますから、安っぽいファミリーピクチャーではありません。監督のお人柄がわかるような暖かい画面、とくに古き良きアメリカの田舎風景を切り取った情景描写がいいですね。

 

主人公の人生後半を演じているのは、名優のデニス・クエイド。

 

いい味出しています。でも何といってもやっぱりいちばん印象に残るのは、犬たちの演技かな。

 

いや、演技なのか、自然の表情なのか、わかりませんが、とにかくいい。ワンダフルです。