気になったことを書いていきます

明日の約束[5話]-ネタバレ&感想

5話予告動画【youtube】

 

藍沢の恋人、本庄は両親に結婚したい人がいることを話します。

「遠慮なんかしなくていいのよ。お兄ちゃんが亡くなってから、もう、11年も経つんだもの。」

母親が仏壇にビールを供えます。

本庄は微妙な作り笑いを浮かべます。

 

本庄のマンション。

本庄は藍沢にプロポーズします。

「いいよ。結婚しよう。」

「でも、学校のことが落ち着いたらね。」

 

(本庄は微妙な作り笑いを浮かべます。)

彼にも兄の死にまつわる辛い過去があるのでしょうか。

藍沢も母親との苦い思い出を抱えて生きています。

二人の関係はこの先、どうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

母親は子供を守ろうと生きています。

それが、なぜ子供を失う結果になるのか。

悲しい話です。

 

圭吾の母親真紀子は、同じ境遇の人達と弁護士を立てて、裁判を起こそうとします。

死んだ子供にかまけて、残された娘英美里のことは、ほったらかしです。

英美里は、援助交際をしてるか、しようとしています。

なぜ、気付かないんだろうと思います。

長谷部は、後輩想いの優しい先輩でした。

スポンサードリンク

圭吾の裏切りに腹を立てていただけで、いつも彼にメールを送っていました。

そんな彼に(僕は、先輩のせいで死にます。)なんて、あり得ませんでした。

始めら、圭吾が死んだ後で、本人がメールを送ることは無理なのですが。

そのことが、長谷部に伝わるのが遅すぎました。

もっと早くに分っていれば、たばこ事件は起こりませんでした。

彼が自暴自棄になったのは、罪悪感からでしょう。

また、いつから私たちは、事情も知らずに他人を糾弾出来る立場になったのでしょう。

間違った報道のせいで、また、事件が起こりました。

 

長谷部君が襲われました。

多分、犯人は、圭吾がいじめから救ってあげた彼女でしょう。

藍沢は、カウンセラーであって、探偵ではないので、事件が大きくなっていきます。

本当は、藍沢が気付いてくれれば良かったのにと思います。

報道に踊らされた傷害事件の犯人、彼女もまた、この社会の被害者であるといえる気がします。

スポンサードリンク