気になったことを書いていきます

科捜研の女17シーズン[5話]-ネタバレ感想

イケメンの芸人バグが、ストーカーにリケジョの恋人とデート中に公園の展望台で刺殺された。

マリコたちが、事件を捜査したところ蛾の幼虫によって防犯ビデオのケーブルが、きれていた。このことからバグの恋人であるリケジョの麻由を調べるマリコ達。

すると、麻由と関わる男たちは、利用されて殺されていたことが、分かる。まるでカタツムリに寄生し思想までコントロールするロイコクロリディムのようだった。

その後の調査で展望台で採取した蛾は、外来種で麻由の研究所のものであり、このことが、証拠となり麻由は、捕まるのだった。

スポンサードリンク

そして、今までの男たちもすべて麻由が、殺害していた。

バグの場合は、まず、お笑いの相方と別れさせてイケメンに変身させ行動を逐一ブログに載せることでストーカーを展望台におびき出し襲ってきたところを麻由が、バグを捕まえ刺すようにしたのだ。

ストーカーも麻由が、殺害していた。こうして捕まった麻由だが、なぜか穏やかな顔で聴取されていた。

今回の話は、麻由という小さい頃に貧しかった少女が、ロイコクロリディムのような生き方に憧れ犯罪者となる怖い話でした。

麻由が、危険人物であり時々笑っている所などとても怖く内容も見ごたえが、あったので映画を観ているような感じでした。

麻由とマリコの対決では、リケジョ対リケジョという戦いになりました。麻由の嘘を見破っていたマリコなのでリケジョ対決は、マリコの勝利でした。

今回は、捜査の実験でマリコが、宇佐見に抱き着くシーンが、あるのですが、照れる宇佐見に対しマリコは、淡々としていてマリコらしくて面白かったです。

スポンサードリンク

抱き着く二人を見た土門さんも平然としていてマリコと土門は、似た者同士だなと思いました。

しかし、今回の話は、怖い話だったのでこういう笑えるシーンが、あって良かったです。

麻由との対決に「ムリするな」と土門に言われてたしなめられるマリコさんは、うれしそうな顔をしているので土門さんの事を好きなのかなとも思いました。

スポンサードリンク