気になったことを書いていきます

[ギヴァー記憶を注ぐ者]ネタバレ&感想-huluおすすめ映画

 

映画「ギヴァー 記憶を注ぐ者」は、2015年の9月5日に劇場公開されて現在でもHuluで配信中の、フィリップ・ノイス監督によるSFアドヴェンチャーになっております。

 

もとになっているのはロイス・ローリーによる世界的なベストセラー児童文学になり、原作の世界観そのままのタッチで映像化されている作品になります。人類の過ちによって文明が崩壊した後の未来の世界を、最先端の技術を駆使したビジュアルエフェクトで再現していきます。

 

誰しもが記憶と苗字を持つことなく、平等で平和に暮らす「コミュニティー」が映し出されていました。

カリスマ性と巧みな言葉によってコミュニティーを支配するチーフ・エルダーには、メリル・ストリープのイメージがぴったりとはまっていました。

 

全人類の記憶をたったひとりで受け継ぐ「ギヴァー」の役には、ジェフ・ブリッジスが圧倒的な存在感を発揮しています。

 

ある日突然にギヴァーから記憶を受け継ぐ大役を任されたジョナスの生きざまを、ブレントン・スウェイツが熱演しています。

 

親友のアッシャーやフィオナと青春時代を謳歌しながらも、どこか満たされることのない表情が印象深かったです。

 

作られた平和な世界に疑問を抱き、自らと人類の運命を背負って立ち向かっていく様子が感動的でした。

 

オープニングから一貫してモノクロームだった映像が、突如として色づき始める瞬間が美しさ溢れていました。

 

人類が封印していた音楽や踊りに触れ合うことによって、喜怒哀楽を取り戻していく姿が良かったです。

 

映画前半の牧歌的な雰囲気が一転して、反逆者となったジョナスの逃走をスリリングなタッチで描き切っていました。

 

絶望と迷いの中で若き継承者が選んだ、たったひとつの選択肢には胸を打たれました。記憶を消すことが幸せではなく、喜びや哀しい記憶を抱えたままで生きていくことを考えさせられました。

 

時代が過去の過ちを繰り返そうとしている今だからこそ、多くの人に見て欲しい作品です。

huluでは2週間の無料期間のみで【ギヴァー記憶を注ぐ者】をすべて視聴することができます。


huluの解約方法はこちら