気になったことを書いていきます

ゲームオブスローンズ-感想part2[huluおすすめ海外ドラマ]

ファンタジーが好きな方はオススメです。

 

スターク家、グレイジョイ家、アリン家、ラニスター家、バラシオン家、タイレル家、マーテル家の7王国のそれぞれのトップが頂点に立とうとそれぞれの利点を活かしながら策略や戦争を仕掛けていくストーリーです。

ドラゴンやゾンビ「ホワイトウォーカー」、近親相姦まで織り交ざってます。

 

いろんな国の特色が如実に出ますが、大体の人は落し子(愛人の子供)で継承権がないためカラスと呼ばれる壁の守り人となったジョンスノーが一押しだと思いますが、わたしはターガリエン家の女王が大好きです。

 

ドラゴンを操る一族で兄がいたんですがこれがまたどうしょもない男でして…自分が王になって鉄の玉座に座るんだと思い込んでいましたが、結果殺されてしまいます。

 

あとに残った妹であるデナーリスがドラゴンの卵を孵化させ育て各地の奴隷を開放し、自由意思で軍隊に募りまたたくまに大群を率いて行くんです。

 

顔はまだ幼さが残ってる感じですが、意思がとても強く最初は馬鹿にしていた男達も徐々に信頼を置いて従って行くんです。凄いの一言です。そして絶体絶命な感じの時もドラゴンが助けに来ます。

 

兄に画策された政略結婚の餌食にされながらもその相手を愛して、その意思を受け継いで成長していくデナーリスは美しく、強く、また愛らしいです。

 

その一方で先に書いたジョンスノーは、ホワイトウォーカーの存在をみんなに知らせますがほとんどの人が伝説だ!おとぎ話だ!と信じてもらえません。

そのジョンスノー一度殺されてるんです。

その時はファンの投稿が凄かったようです。なぜ殺したのか?見る楽しみがなくなった!などなど
そのシーンを見てさすがにびっくりしましたが、ここはファンタジーですよねー 絶対復活すると思ってました。そしてまさしく魔女によって復活します。

そしてジョンスノーがホワイトウォーカーを見たとき、その圧倒数にただ逃げるしかなくて船で海に逃げるんですがまさに途方にくれた感じでした。

シーズンを重ねるごとにジョンスノーは成長したくましくなっていきます。

落し子と馬鹿にされていたのに気づいたら壁の守り人の長になってました。

わたし的な予想はターがリアン家のデナーリスとジョンスノーが協定を結び、または結婚して大群を率いて鉄の玉座に君臨しているラニスター家にホワイトウォーカーとの対戦を控えて協定を結ぼうと説得するか戦争して追い落とすかだと思います。

そのラニスター家は呪われた一族のようで、兄と妹の近親相姦の結果生まれた子供を王にして鉄の玉座に座らせますが結果息子二人共毒殺と自殺という結果となり、母であるサーセイが玉座に座ってます。

私はこの女性がどうしても好きになれなくて、一度捕まって懺悔のために全裸で街中を歩くシーンがありましたが、ざまーみろー!って思いました。

でもそこはサーセイの逞しさ!!見事に復讐をとげて復活するんですねー

シーズンを追うごとに父親連中はどんどん暗殺されて、世代交代となりその勢いのあるそれぞれが対峙始めてってなると本当にしっかり見てないと、全くストーリーがわからなくなるほど複雑です。

私は初めまったくこのドラマを知らず、知人に絶対おもしろいから見て!!って言われて見始めました。

そしたら風景も見事なくらい綺麗でもちろんCG処理してるとは思いますが、映画にまったく引けを取らないくらいすごいストーリーです。

もうそろそろhuluで新シーズンが始めるのではないでしょうか?

それはそれは楽しみです。

huluは一気視聴が出来るので、秋の夜長には最適だと思います。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【ゲームオブスローンズ】をすべて視聴することができます。


huluの無料期間中の解約方法はこちら