気になったことを書いていきます

エンド・オブ・ウォッチ-huluおすすめ映画

映画「エンド・オブ・ウォッチ」は、2012年にアメリカで製作されて現在Huluで配信中のデヴィッド・エア監督によるアクションドラマになっております。

 

ロサンゼルスにある犯罪多発地区を舞台に設定して、ふたりの警察官が危険な任務へと挑んでいく様子を描き切っていました。

 

性格も見た目もまるっきり異なるふたりの、息の合ったコンビネーションと熱い絆が見どころです。

 

白人の警察官テイラーをジェイク・ギレンホールが、メキシコ系の相棒ザヴァラ役にはマイケル・ペーニャがキャスティングされていました。

 

無駄口をたたき合い時には衝突しながらも、徐々に信頼関係を築き上げていく姿には心温まるものがありました。

 

日々パトロールを続けながら、犬の保護や迷子探しをはじめとする小さな事件を解決していくところが良かったです。

 

大学の法学部への進学を密かに狙うテイラーと、愛妻家で心優しいザヴァラのコントラストが鮮やかでした。

 

思いを寄せている女性とのデートに思い悩むテイラーと、出産を控えた妻を気遣うザヴァラが微笑ましかったです。

 

巡回中に本部から受信する無線の暗号と、備え付けのカメラの映像がリアリティーを高めていきます。

 

気だるいムードのパトカーの車内とは対照的に、外のスラム街の一触即発の雰囲気が伝わってきました。

 

アフリカ系とメキシコ系の反社会的勢力が烈しくしのぎを削る中、ふたりが常に死を意識してい任務を遂行するところが感動的でした。

 

互いに命を預け合い、万が一の場合には相手の家族を守る約束を交わすシーンには胸を打たれました。

 

テイラーとザヴァラが手柄を立てるほど、ギャング団の反感をかってしまうストーリー展開が皮肉でした。

 

組織のアジトを突き止め麻薬を押収することによって、破滅的なラストへと加速していきます。

 

死を前にしてもパートナーを思いやる心とともに、最後にふたりの運命を分けた意外な存在には驚かされました。

 

日本の人気テレビドラマ「相棒」を思い浮かべながら見て欲しい作品です。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【エンド・オブ・ウォッチ】をすべて視聴することができます。

 
huluの無料期間中の解約方法はこちら