気になったことを書いていきます

きっと、うまくいく-huluおすすめ映画

 

映画「きっと、うまくいく」は、2009年にインドで制作されて現在Huluで配信中のラージクマール・ヒラニ監督によるヒューマンドラマになっております。

 

インドの伝統的な歌や踊りを最小限にとどめて、今どきの大学生の日常生活をリアリティー溢れるタッチで映し出していきます。

 

青春の輝きだけではなく、若さゆえの無軌道な愚かさも伝わってきました。

 

インドの教育機関の中でも最高峰と言われている工科大学を舞台に設定して、学長の厳格な指導方針を描き切っていました。

 

誰しもがコンピューターに繋がれたようにカリキュラムに取り組む中でも、自由気ままにキャンパスライフをエンジョイするランチョーの姿が痛快でした。高飛車な学長をやり込めるために、娘の結婚式に忍び込んで一泡吹かせるシーンがユーモアセンスたっぷりでした。

 

型破りなルームメイトに振り回されていくことに困惑しながらも、同室のファルハーンとラージューのふたりが徐々に若さを取り戻していく様子が印象深かったです。

 

ランチョーに反感を抱く秀才と、10年後の再会を誓いながらそれぞれの道を歩いていきます。

 

10年の時が流れても姿を現すことのないランチョーを探し出すために、かつての宿敵はファルハーンとラージューとともに旅に出ます。

 

3人が旅の途中で立ち寄ることになるインド北部の、ラダック地方のパンゴン湖の風景が美しさ溢れていました。

 

タイトルの「きっと、うまくいく」はランチョーの口癖ですが、哀しい過去が隠されていることを考えさせられました。

 

全編を通して汚れ役に徹する学長も、大切な人を失って生きていることを感じることが出来ました。

 

親友たちから身を隠して婚約者と別れてまでランチョーが追い求めていく存在には、急速に発展していくIT国家としての今のインドに痛烈なメッセージが込められていました。

 

旅の終わりにそれぞれの登場人物がたどり着いた風景を、この映画を見る多くの人にも味わって欲しいと思います。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【きっと、うまくいく】をすべて視聴することができます。

huluの無料期間中の解約方法はこちら