気になったことを書いていきます

[映画]オーケストラ!あらすじ&感想【huluおすすめ映画】

 

映画「オーケストラ!」は、2009年にフランスで製作されて現在Huluで配信中のラデュ・ミヘイレアニュ監督によるコメディードラマになっております。

 

1度は夢を諦めた主人公が、ふたたび歓喜の舞台へと向かっていく姿を描いている作品になります。

 

主人公のアンドレイの生きざまを、ベテラン俳優であるアレクセイ・グシュコフが貫禄の演技で表現していました。

 

かつては優れた指揮者として活躍しながらも、今ではしがない劇場の清掃員へと変わり果てた様子には哀愁が漂っていました。

 

その一方ではモップで床を拭きながらオーケストラの音色を聞き、見えないタクトを振るうシーンには何事にも屈しない誇りがありました。

 

ストーリーの背景に隠されている、旧ソ連のブレジネフ時代でのユダヤ人への差別や偏見についても考えさせられました。

 

深夜の清掃作業中にパリの劇場からの1枚のファックスを見つけることによって、アンドレイの日常が非日常へと変わっていくところが面白かったです。

 

自分と同じく苦汁を嘗めさせられた仲間たちをかき集めて、ボリショイ交響楽団になりすます計画が痛快でした。

 

一世一代の大芝居に打って出るアンドレイを優しく見守っている、妻の存在には心温まるものがありました。アンドレイが終始一貫して固執するチャイコフスキー作曲のバイオリン協奏曲のメロディーには忘れがたいものがありました。

 

独唱者に強引に招き入れられたアンヌ=マリー・ジャケを演じている、メラニー・ロランが美しさ溢れていました。

 

演奏中のアンヌと指揮を執るアンドレイが、言葉ではなく音楽で心を通わせていくシーンが圧巻でした。

 

一見すると寄せ集めにしか見えなかったメンバーの、過去の因縁と現在の必然性が重なり合っていく場面には胸を打たれました。

 

30年間バラバラだった楽団員たちが、時を越えて協奏曲によって巡り合う瞬間が感動的でした。映画だけではなくクラシック音楽に造詣の深い人に見て欲しい作品です。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【オーケストラ!】をすべて視聴することができます。

huluの無料期間中の解約方法はこちら