気になったことを書いていきます

[映画]スカイ・クロラ-ネタバレ&感想【huluおすすめ映画】

映画「スカイ・クロラ」は、2008年に劇場公開されて現在Huluで配信中の押井守監督によるアニメーション映画になっております。

もとになっているのは森博嗣によるSF小説になり、原作の一人称の語りを三人称の視点で映像化されている作品になります。

近未来の世界を舞台に設定して、決して大人になることがない子供たちの戦いを描いている作品になります。殺されない限りは死ぬことのない、「キルドレ」の数奇な運命を映し出していきます。

 

菊地凛子や加瀬亮をはじめとする、国内外問わず活躍する俳優たちが声優にチャレンジしているのが見どころです。

 

オープニングでの主人公のパイロットであるユーイチが基地に降り立つシーンから、独特な物語の世界観へと引き込まれていきます。

 

広大なスペースと無機質な雰囲気がある飛行場の中でも、どこかノスタルジックなムードを感じることが出来ました。

 

卓越した操縦テクニックを秘めたユーイチと、彼を導く司令官のスイトの奇妙な関係性が印象深かったです。

 

キルドレ以上の運命を背負ったユーイチと、愛する人の命を自ら奪ったスイトの過去がスリリングに交錯していきます。

 

ユーイチをはるかに上回る戦闘力を誇る、「ティーチャー」と対峙する場面が迫力満点でした。

 

勝てないと分かっている相手に、危険を省みずに果敢に挑んでいく様子には胸を打たれました。自らの生命を掛けて敵を倒そうとする少年の姿には、第二次世界大戦下での神風特攻隊や人間魚雷を思い浮かべてしまいました。

 

平和を実感するための見世物として、日常生活の中で戦争が利用されてしまうことを考えさせられました。

 

地球の裏側で次々と発生している紛争を、安全なモニター画面から見つめている今の時代に繋がるものがありました。

 

果てしなく戦い続ける主人公が、自らの人生の意味に気付いた瞬間が感動的でした。

 

原作とは異なる大胆な解釈によるクライマックスシーンを、多くの人に見て欲しいと思います。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【スカイクロラ】をすべて視聴することができます。

huluの無料期間中の解約方法はこちら