気になったことを書いていきます

スラムドッグ$ミリオネア-ネタバレ感想[huluおすすめ映画]

映画「スラムドッグ$ミリオネア」は、2008年にイギリスとアメリカの2か国で合同製作されたダニー・ボイル監督によるヒューマンドラマになっております。

世界中で放送されている人気のクイズ番組からインスパイアされたストーリーになり、ひとりの青年が夢を叶える姿を描いている作品になります。

インドで愛されているエンターテインメントの盛り上がりが、イギリス人の映画監督による独特なカメラワークから映し出されていきます。

オープニングでの取り調べを受けているシーンの、主人公のジャマールの緊迫感漂う表情が印象深かったです。

スラム街で苦労して育った若者に冷たく向けられている、世間一般の軽蔑や偏見には胸が痛みました。

駆けつけてきた刑事の厳しい尋問にも臆することなく、自分の歩んできた道のりを激白するジャマールが感動的でした。

インドを舞台に設定している本作品の中で登場人物たちが英語を使って会話を交わす場面には、不思議と違和感もなくすんなりと受け入れることが出来ました。良いものは何でも取り入れていく、この国の貪欲なエネルギーとおおらかな寛容性があるからなのかもしれません。

歌と踊りによってエキゾチックなムードを演出することもなく、リアリティー溢れるタッチの世界観に共感出来ました。

主人公の数奇な生きざまと、次々と出題される難問が奇妙に絡み合っていく展開が面白かったです。

ジャマールが自らの人生の中で、仕事にも恋愛にもひとつひとつ真摯に向き合ってきたことが伝わってきました。

幼き日の主人公が貨物列車に飛び乗る時に、大切な人の手を放してしまったエピソードは涙なしには見ることが出来ません。

後悔や貧困に屈することなく、人生の答えを拾い集めていく様子には胸を打たれました。ラストのムンバイの鉄道駅で待っていた思わぬ人と、歓喜の踊りが圧巻でした。

ボリウッド映画によってインドに魅せられてしまった方にはお勧めの映画になっております。

 

huluでは2週間の無料期間のみで【スラムドッグ$ミリオネア】をすべて視聴することができます。

huluの無料期間中の解約方法はこちら