気になったことを書いていきます

3月のライオン-huluおすすめ映画

羽海野チカによる超人気コミックシリーズ「3月のライオン」ですが、個人的にはかなり気に入りました。

 

最近では、実写映画化もされ、主演が、人気実力派俳優の神木隆之介さんと言うことで話題になりましたね。他にも、キャストは有村架純さんなどかなりの豪華俳優陣たちが集まっていたようです。テーマ将棋人生、とこれまでになく新しい内容でインパクトがありましたね。

 

将棋のイメージとしては、地道に戦いを進めて行くゆっくりとじわじわとした感じがあるのですが、そのどれも感じさせないほどテンポも良くて、アクションでもないのにハイスピードな感じと迫力があって、凄く面白かったです。

 

物語としても、何もなく空っぽでどことなく寂しい雰囲気を出す主人公が、物語が後半になり、大きく展開して大切な人に出会っていくにつれて、変化していく。それも凄く良いのですが、その物語と同時に人物のオーラとか表情や声も変化しているんですね。

 

通してみていると、なかなか気づかないのかもしれませんが、後から改めて振り返ってみるとまるで違って、その差もその差を気づかせないスピード感と、深い物語性があって素晴らしいと思います。心にたまったものなにかが、抱えきれなくなってしまって、大きく爆発してしまうシーンでは、鳥肌も立ちました。肝心な対局シーンも凄く丁寧に描かれていてこれまた鳥肌ものでした。緊張感がこっちにまで伝わってきて、手に汗握る迫力のあるシーンで、観ているこちら側も凄くドキドキしました。

 

将棋に全く興味がなかった私でも、ここまで楽しめるとは、自分でも驚きです。特に、こういう漫画も読んだことがなかったけど、なにか一つのことに向かって一生懸命になることはすごいなぁ、としみじみ感じさせられました。

 

漫画が原作のアニメだと、軽い気持ちで見たのに、甘く見ていましたね。

 

一瞬にしてハマりました。これは、泣けるし、感動するし、考えさせられるし、凄く面白いのではないかと思うので、おすすめです。