気になったことを書いていきます

ドクターX[8話]-ネタバレ&感想

政治関係の偉い男性が、記者会見で不正を犯したことを告発し、大きなニュースになりました。

病気で入院しなくてはならない中、東帝大病院が唯一受け入れてくれたのでやってきます。

いつもなら患者の手術方法を発表する会議では、「意義あり」と述べたり、反論などがあると「お昼行ってきます」と言って逃げる未知子なのに、今回は難解な手術であるがゆえに、医師たちは未知子の意見に真剣に従っている部分は驚きました。

前回、内神田会長の従兄弟のお見合いを断ったり、元恋人のトラブルで大変だった原先生が、傷心旅行に出て欠席なのは森本先生の時と同じパターンだったので、笑ってしまいました。

前回取り上げられた医師が次回はなぜか欠席なのは、パターン化しているのかなと思いました。

さすがに、未知子を嫌う猪俣先生でさえも、院長は未知子にオペをさせるだろうと思っていたのに今回は未知子にさせないと言い張はるので周囲は陰ながら反対しつつも、誰がやるんだと言うことになります。

確かに、優秀な病院で昇進を狙う意思ばかりなのに自主的に手術したいと言い出す医師がほとんどいないのも問題です。

未知子が出来ないならと手を挙げる西山でしたが、経験が甘いとみんなから言われてしまうし、未知子に認めて貰いたくて西山は手術方法を未知子に確認したりします。そんな中、未知子に手術させろといったメールが院内に出回り、西山は内神田会長の元へ向かいます。

未知子に手術をさせろと言い出すのかと思いましたが、西山が内神田会長の子供で、夫人と結婚する前に付き合っていた恋人(西山の母)が一人で産んだのだと明かす場面はびっくりしました。

今まで、内神田会長の家族を巡ったトラブルが物語で取り上げられて来たけど謎だったり、西山は病院のやり方に不満そうな場面はありつつも、未知子と同じ考えなんだろうなとしか考えられなかったからです。

そして勝手に西山が手術を始めてしまい、院内は大混乱し、未知子がやってきます。

結局は未知子がいないとおさまらない結果になりますが、未知子が西山を注意する場面を見ると、未知子がきっと来てくれると甘えている部分もあったのだなと思いました。

久しぶりに、手術成功の記者会見が開かれ、お決まりで「手術をしたのは、本当は大門先生です」といって退職するのかなと思いましたが、今回はそのまま終わり、院内にメールを送ったのは西山ではなく、海老名先生だったので、このドラマは視聴者を裏切ってくれる展開があるのが面白いです。