気になったことを書いていきます

映画「ボルベール<帰郷-ネタバレ&感想

映画「ボルベール<帰郷>」は、2006年にスペインで制作されて現在Huluで配信中のペドロ・アルモドバル監督によるヒューマンドラマになっております。

スペイン映画界をリードし続けてきた巨匠が、暴力的な男たちに振り回されていきながらも強かに生きる女性の姿を描いている作品になります。

次々と迫りくる災難に襲われる主人公のライムンダの役には、ペネロペ・クルスの陰のある表情がぴったりとはまっていました。

ある時は胸の谷間がくっきりと浮かび上がるドレスでアップして、またある時は血まみれの清掃着で勇ましい姿を見せています。ヒロインが暮らしているマドリードの、歴史や文化を感じることができる街並みが美しく映し出されていきます。

失業中の夫を抱えながら清掃作業員として懸命に働き、娘を育て上げる様子には胸を打たれました。

偶然にも廃業したレストランの鍵を預かることによって、経営者としても料理人としても意外な才能を発揮するシーンが面白かったです。

彩り豊かなエスニック料理にモヒートをはじめとする豊富なカクテルが、実に美味しそうでした。血のつながりのない夫と娘の間に徐々に不穏なムードが高まっていき、ある日突然に爆発してしまいます。

 

音信不通の娘の本当の父親や義理の娘に良からぬ企みを抱く夫など、本作品の中に登場する男たちは不甲斐ないです。

苦境に立たされても屈することなく、自分らしさを見失うことのない女性たちとのコントラストが鮮やかでした。ライムンダがマドリードから故郷へと帰っていき、風の吹き荒れる中でも母親のお墓の掃除をする場面が印象深かったです。

 

墓地の中には親族の供養に来ている人たちだけではなく、生前から自分自身のお墓を用意している人もいます。

この映画の女性たちからは、如何にして生きるかだけでなく自分らしい最期を迎えることについても考えさせられました。

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥー・ハー」に続く、女性賛歌3部作を締めくくるのには相応しい作品です。