私の好きな映画を紹介します。

アトミック・ブロンドーネタバレ&感想

映画アトミック・ブロンド2017年の10月20日に劇場公開されて現在でも上映中のデイヴィッド・リーチ監督によるスパイアクションになっております

 

東西冷戦の終結が近づいているベルリンを舞台に設定して極秘任務へと挑んでいく主人公の姿を描き切っていましたある登場人物が当時の状況を激白しながら振り返っていく回想スタイルで展開していきますMI6のすご腕エージェントのローレンの役をシャリーズ・セロンが華麗なアクションで演じていました

 

各国の首脳や諜報機関を震え上がらせるほどの極秘情報が収められている収録リストを奪還する任務がスリリングでしたジェームズ・マカヴォイが演じているいまいち頼りにならない相棒のデイヴィッドが笑いを誘います

 

エディ・マーサンやジョングッドマンをはじめとするわきを固める個性豊かな俳優たちの共演も見どころです

 

オープニング直後に挿入される入浴シーンでのヒロインの鍛え上げられた肉体が美しさ溢れていました次々と迫りくる屈強な男たちを持てる力の全てを振り絞ってなぎ倒していくところが痛快でした必殺技の仕込みピンヒールだけではなくコップからフライパンまで身の回りのものを何でも武器にしてしまうところがユーモアセンスたっぷりでした

 

強敵たちと面と向かい合っていく肉弾戦から卓越した射撃テクニックを披露する銃撃戦まで迫力満点でした

 

クライマックスシーンでのベルリン脱出を試みる7分あまりの場面をワンカットで映し出されているのが良かったです

 

世界各国の思惑が複雑に交錯していきスパイが暗躍するドイツ独特なムードを感じることが出来ました

 

ベルリンの壁の崩壊が迫る新しい時代の幕開けの雰囲気が伝わってきました当時の混沌とした国際情勢を描きつつ今の世界に向けての鋭いメッセージや批判が込められていました

 

ジョンル・カレのスパイ小説やジェームズボンドの映画が好きな方にはお勧めな作品です