私の好きな映画を紹介します。

ヒロイン失格ーネタバレ&感想

恋愛映画では珍しいヒロイン失格というタイトルにまず興味を惹かれる作品です。主人公の女の子は、幼い頃からいつも一緒にいる幼なじみの男の子のことが大好きで、自分のことをヒロイン、その男の子のことをヒーローとして2人が結ばれる運命だと日々妄想しています。

 

でも、ある日突然その彼に自分以外の彼女ができてしまい、自分はヒロインではなくなってしまう、ヒロインの座を奪われたヒロイン失格となってしまうというお話です。

 

でも主人公はその彼のことが大好きで大好きで、なんとしてもヒロインの座を取り返そうと必死に頑張ります。

 

その姿がコメディ要素も交えて描かれている為、本当に面白いです。

 

主人公の猛アピールにヒーローの彼も心を動かされ始め、1度は今の彼女とは別れ、主人公と付き合うことを決めます。

 

でも彼の彼女の方も手強く、体調の悪いふりをして彼の気が他にいかないようにひきとめようと頑張ります。

 

結局、彼は主人公ではなく弱っているふりをしている彼女の方を選び、主人公は振られてしまいます。こういうシーンはほんとに辛いなと感じます。

 

彼の気を引こうと頑張ってやっと自分のほうを振り向いてくれたと思った矢先に振られるなんて、物凄くショックです。

 

でもそんな主人公にも彼以外の新しいイケメンで優しい男の子との接近があり。。。

 

ストーリーの途中でヒロインが振られるというのはあまり多くないですが、その後も彼以外の他の男の子と関係がうまくいってしまうので、このまま終わってしまうのかと思わせるところもあり、最後までどうなるのか展開が分からなくなっています。

 

でも、映画の感想としては私的には最後は満足のいく結末となっていました。

 

恋愛要素だけでなく、コメディ要素もちゃんとあって面白い作品なので、恋愛映画が見たいなと思ったときは何度も見返したくなる作品だと思います。

 

幼なじみの彼以外に出てくる男の子が本当に優しくてかっこいいです。

 

一時はこのままこの彼とうまくいったほうが主人公も幸せになれてハッピーエンドなのではないかなと考えながら途中見ていました。

 

ずっとずっと大大大好きな幼なじみの彼か、優しくてイケメンな彼か、自分が好きな人か、自分のことを好きな人か、主人公が選ぶのがどっちなのかは必見です!