私の好きな映画を紹介します。

刑事ゆがみ-10話[ネタバレ&感想]

ついにロイコ事件の真相が、分かりました。

 

事件の真相としては、ドロドロしていてここにきてそうくるかと思いました。

 

今まで刑事ゆがみを視聴していてもこの展開は、なかなか思いつかないと思います。

 

そして、第10話の羽生は、弓神に対して優しくなったと思います。弓神の気持ちを尊重しているのが、分りコンビとして良いコンビになったと思います。弓神も羽生の事を信頼しているように感じました。

 

ただ、羽生を騙す事は、お手の物の弓神が、時効の逮捕時刻まで騙していたのが、面白かったです。今回は、羽生も弓神もサンタに襲われたりして大変な回でした。

 

そして、羽生とヒズミが、横島に捕まり「弓神にどちらかを選べ」といわれた時にどちらも明確には、選べなかった弓神が、良かったです。適当だけどそういうかけひきを簡単にしない。

 

それでこそ弓神だと思いました。横島とロイコ事件でかけひきをしたのは、ヒズミのためであり優しさだった。弓神のそういう刑事らしい優しさは、好きです。しかし、横島は、逃げてしまったのが、驚きです。横島は、不気味なキャラでした。

 

ヒズミにカップラーメンを押し付けて食べさせようとしたり卑怯な手を使い羽生と弓神をサンタに襲わせたりとかしてイヤでした。

 

横島と弓神の対峙するシーンでは、弓神の適当トークもあまり横島に通用せず、「まじめか」とツッコミたくなりました。シリアス路線の横島の事も弓神が、普段のノリで騙したら面白そうです。

 

それにしても刑事ゆがみは、弓神と羽生のキャラが、面白かった作品です。

 

テレビ朝日の相棒のような番組なのかと思ったら弓神が、羽生も事件の加害者も適当に騙しつつ事件を解決しちゃうという刑事ドラマでした。このドラマが、楽しい刑事ドラマとしてできたのも主演の浅野さんと神木さんの演技の上手さが、あるからだと思います。弓神も羽生も人間味のある刑事になりました。

 

稲森さんの上司役も男っぽいけど乙女な所もあり良かったです。