私の好きな映画を紹介します。

映画「L・DK」ネタばれ&感想huluおすすめ映画

映画「L・DK」は、渡辺あゆ著の人気恋愛少女漫画が、実写映画化されたもので、青春恋愛コメディーです。

 

主人公の常に真っ直ぐで、活発で明るい少女「西森葵」を演じたのは、剛力彩芽さん。学校一のツンデレモテ男「久我山柊聖」を演じたのは今話題沸騰中の人気イケメン俳優、山崎賢人さん。

 

ある日、葵が騒動を起こしてしまったことをきっかけに、柊聖と同居することに。

 

親友も学校中の女の子は柊聖に夢中です。もしも、その事がバレれば学校中の女子の敵、また、大切な親友を裏切ることになります。葵は、そうなることを避けて柊聖に対して敵意を剥き出しにしたり素っ気ない態度をとったりします。

 

しかし一方柊聖は、わざと学校で仲良さげに接したりお弁当をおねだりしたりします。

 

そんな葵の焦ったり、右往左往して秘密を死守しようと必死な葵の姿を見て楽しんでいる様子です。

 

わざとバレるような事をしたり、ちょっかいを出して、ドキドキハラハラ!そんな柊聖に振り回されながらも、葵は、2人で一緒に生活する中で、時折見せる優しかったり、男らしくかっこいい一面を目の当たりにして、少しずつ彼に惹かれて行くのでした。俳優さんも、物語としても2人の純粋で初々しい感じがたまらなく可愛かったです。

 

意地悪をされるたびにドキドキして、意識しちゃいけない相手なのに、嫌いなのに何故か惹かれていって、2人の秘密の同居生活が楽しすぎました。いつも、余裕な態度でちょっかいを出してくる柊聖も大人っぽいのか幼いのかよくわかりませんが、行動一つ一つがずるいですね。

 

まさに、ツンデレ男子で本当に上手く飴と鞭を使い分けていて、見ていて気持ちが良いくらいでしたね。

 

映画を観て、原作のコミックも読みたくなったので購入しました。絵も可愛くて笑いもあって凄く面白いので、購入して正解でした。映画も、山崎賢人さんのいたずらな笑顔とか無邪気な感じ、剛力彩芽さんの慌てる姿とか、ドキッとする表情など、凄く純粋で可愛らしいし、ガッツリ青春もので甘々ですが個人的には凄くお気に入りですね。