私の好きな映画を紹介します。

鑑定士と顔のない依頼人-huluおすすめ映画

映画「鑑定士と顔のない依頼人」は、2013年にイタリアで制作されて現在Huluで配信中のジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリードラマになっております。

 

オークショニアであり鑑定士でもある初老の男性と、謎めいた依頼人の間で繰り広げられる駆け引きを描いている作品になります。

 

主人公のヴァージル・オールドマンの役を演じた、ベテラン俳優であるジェフリー・ラッシュの圧倒的な存在感が良かったです。

 

並外れた鑑識眼を発揮して、オークション会場でハンマーを振るシーンもぴったりとはまっていました。

 

レストランでの食事中にも決して手袋を外そうとしない、異様なほどの潔癖症が印象深かったです。

 

美術業界で長年生き抜いてきた優れた才能だけではなく、裏の顔を徐々に明らかにしていくところが面白かったです。

 

ヴァージルが自宅に隠し持っている、秘密の部屋が映し出されていく場面が圧巻でした。

 

壁一面に古今東西の女性の肖像画が飾られている中で、至福の表情を浮かべる様子が心に残りました。

 

非合法すれすれの手段で集められた数多くの美術品には、海賊が強奪した金銀財宝を思い浮かべてしまいました。

 

自らの追い求めていく芸術品のためには手段を選ばない生きざまに鬼気迫るものがありました。

 

シルヴィア・フークス扮する巨大な屋敷の壁の中から語りかける、姿なき依頼人が魅力的でした。

 

ヴァージルが巧みな策略を駆使して、隠し部屋から依頼人を誘いだすシーンが見どころです。

 

名画だけを愛して生身の女性に興味を示してこなかった孤独な鑑定士が、初めて人間に惹かれていく瞬間を上手く捉えていました。

 

ひとつの謎が解けた後に、更に訪れることになる思いもよらないストーリー展開には驚かされました。

 

クレディの「カテリーナ・スフォルツァ」やクリストゥスの「若い女の肖像」をはじめとする、数々の美しい絵が登場します。

 

美術館巡りが好きな方や絵画に造詣の深い人に、是非ともお勧めな映画です。