私の好きな映画を紹介します。

オリエント急行殺人事件ーネタバレ感想

アガサクリスティーの作品の小説を映画化されたもので名探偵ポワロが事件を解決していく作品の中でポワロの人柄をとても感じる作品だったように感じ、ぜひ映画でも見てみたいと思い今回この作品を見ました。

 

エルサレムでの仕事を終えたポワロは休暇をとろうとしていたのに仕事でイギリスへ行かなくてはいけなくなってしまった為、オリエント急行に乗り列車は出発した。

 

その列車の中でアメリカの富豪ラチェットに話しかけられ、自分は脅迫されているので護衛をしてほしいと依頼であったがポワロは彼が粗悪で悪行をなしている人であるために、その依頼を断る。

 

列車は雪深い山道に入っていき走り続けていく中で、雪崩が起き列車は立ち往生してしまう。立ち往生した列車の中で事件は起こる。

 

ポワロに依頼をしてきたラチェットが殺されていた。

 

その遺体は12か所も刺され無残なものであった。

 

ポワロは列車の車掌に依頼されラチェット殺害の操作を始める。

 

列車に乗っていた人間全員が容疑者であり、それぞれ疑わしい部分があるが、それぞれアリバイが確立されており状況から考えても犯人は逃げられないはずであった。

 

ポワロは苦悩しながらも捜査を続け、ある凶悪事件であるアームストロング事件との関係に辿り着く、乗客一人ずつ事情聴取をしていくなかで少しずつパズルのパーツを集めていくかのようにアームストロング事件に乗客全員が何らかの形で関わりがあることがわかり、また彼は苦悩する。

 

ラチェットが本名がカセッティだとわかるとポワロは乗客全員が犯人であることに気づいてしまう。

 

そして彼は乗客全員を集め、この事件について2つ答えがあることを伝え、一つはあり得ないだろう侵入者による犯行と伝え、その後もう一つの答えである乗客全員が犯人であることを伝えるものの、事件に至る状況、気持ちを汲むことによりポワロは乗客の犯行ではなかったことにし列車を降りる。

 

そしてまた、列車は出発していった。

 

通常なら殺人という犯罪が起これば、犯人を見つけ事情がどうであれ警察に逮捕されるという流れが多い推理作品ですが、この作品はそういったケースとは違い犯人たちの事情を考え、自身も胸を痛め犯人を見過ごし送り出すというものだった。

 

そこにポワロの人柄を感じ感動しました。もし私が探偵だったなら同じ決断をするのかどうかはわかりません。

 

この決断をするのには多くの勇気がいることだとわかるからです。

 

映画作品として私が感じたことは小説を読んでいたから劇中の景色や背景、乗客たちの表情など見ていて楽しめる映画ではありましたが全く推理作品の興味がない、この作品の原作を読んだことがない人には物足りなさを感じるかもしれないなと思いました。

 

ただ、雪深い景色は凄く綺麗で作品の悲しさ、憂いを感じられるものになったと思います。

huluでは2週間の無料期間のみで【オリエント急行殺人事件】をすべて視聴することができます。

解約の方法を知っていれば入会も安心です。

huluの無料期間中の解約方法はこちら