私の好きな映画を紹介します。

ゾンビスクール!ーhuluおすすめ映画

映画「ゾンビスクール!」は、2014年にアメリカで制作されて現在Huluで配信中のジョナサン・ミロとカーリー・マーニオンのふたりの共同監督によるホラー映画になっております。

 

俳優として活躍しているイライジャ・ウッドが主演だけではなく、製作総指揮として新たな才能を発揮している作品になります。

 

給食を食べた小学生が次々とゾンビと化していく様子には、恐怖だけでなく不思議なユーモアセンスが隠されています。

 

教師と元生徒のゾンビキッズとの間で繰り広げられる、生き残りをかけた壮絶な戦いが映し出されていきます。

 

冴えない新任の小学校教師であるクリントの役には、イライジャ・ウッドのイメージがぴったりとはまっていました。

 

初めての職場に出勤して緊張していながらも、アリソン・ピールが演じている美しい同僚のルーシーにときめきを覚えてしまうのが微笑ましかったです。

 

身体はまだまだ小さくても口だけは達者な今どきの生徒たちに、着任早々にやり込められてしまうシーンが笑いを誘います。

 

顔に水ぶくれのある女性生徒が変貌していく展開から、徐々に不吉なムードが高まっていきます。ありふれた学園生活の風景が、突如としてパニック状態の戦場へと変わっていく瞬間が圧巻でした。

鶏を養鶏場で締め上げて加工し、チキンナゲットへと食品化されていく工程がリアリティー溢れていました。

 

グロテスクな場面の中にも、今の飽食の時代に向けた鋭いメッセージや批判が込められていました。地球上の限られた食糧を大切にして、多くの人が平等に分かち合うことを考えさせられました。

 

うわべだけは取り繕う教師陣に対して、思った事をストレートに伝える生徒たちとのコントラストが鮮やかでした。

 

思春期特有の残酷な一面だけではなく、子供だけが持っている純真無垢なエネルギーと何事にも屈しない誇りが伝わってきました。

 

かつては少年少女だったはずの、多くの大人たちに見て頂きたい映画になります。