私の好きな映画を紹介します。

映画「8Mile」-huluおすすめ映画

映画「8Mile」は、2002年にアメリカで制作されて現在Huluで配信中のカーティス・ハンソン監督によるヒューマンドラマになっております。

 

とあるミュージシャンの生きざまが、半自伝的なタッチで映し出されていきます。

 

実際に音楽活動を続けているエミネムが、得意のラップだけではなく俳優としても新たな才能を発揮していました。

 

財政破綻を迎える前のデトロイト市の街並みや、生まれ育った場所で暮らしている人たちが印象深かったです。

 

主人公のジミーが、社会の最下層民として蠢きながら日々の生活を送る様子が心に残りました。

 

毎日のプレス工場での仕事をルーティンワークのごとくこなしながら、思い付いたフレーズを紙切れに書き付けていくのが良かったです。

 

恋人と喧嘩別れしてしまった後に、母親が男と同棲中のトレーラーハウスに転がり込んでいくのがユーモアセンスたっぷりとしていました。

 

まだ幼い妹を必死で守り抜こうとする姿と、どんな時でも音楽への情熱を決して諦めない決意が感動的でした。

 

様々な想いを抱えながら、フリーラップ・バトルのリングへと上がっていく場面には胸を打たれました。

 

大きな戦いが終わった後に、デトロイトの裏町をひとり歩く後ろ姿には忘れがたいものがありました。

 

ヒップホップやラップをはじめとする、ブラックミュージックに造詣の深い方にはお勧めの作品になります。

 

全米各地のクラブを舞台に繰り広げられる、「バトル」という名のコンテストが見どころです。

 

ナイフや銃などの武器を駆使することなく、言葉を使って相手を打ち負かしていくシーンが圧巻でした。

 

出演者も観客たちの多くもアフリカ系移民が占める中で、白人のジミーに浴びせられるブーイングが痛烈でした。

 

圧倒的なアウェーにも屈することなく、同じ過酷な現実を生きている者同士言葉をぶつけ合って心を通わせていくのが痛快でした。

 

ラップのリズムを感じながら、音楽を愛する多くの人に見て欲しいです。